製造分野特定技能1号評価試験
  • FOREIGNER
製造分野特定技能1号
評価試験

試験しけん目的もくてき

経済産業省の所管分野では、工業製品製造業分野において、「1号特定技能外国人」の受入れが進んでおります。1号特定技能外国人は工業製品製造業分野に「相当程度の知識又は経験を必要とする技能」を有していることが求められており、当該技能水準を確認する「製造分野特定技能1号評価試験」を実施致します。

試験しけん概要がいよう

実施言語 日本語
実施方法 コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式
  • テストセンターでコンピュータを使用して出題・解答するものです。
    受験者は、ブースでコンピュータの画面に表示される問題をもとに、画面上で解答します
試験会場
試験結果の通知 受験日の翌日から5営業日以内
試験の合格基準 学科試験:65%以上
実技試験:60%以上

スケジュール・試験開催地・合格発表等

機械金属加工区分・電気電子機器組立て区分・金属表面処理区分

試験申込受付期間 試験期間 試験開催地(予定) 合格発表
国内 海外
第1回 2024年6月27日(木)~
2024年8月23日(金)


【期間変更】
2024年6月27日(木)~
2024年8月26日(月)
2024年7月15日(月)~
2024年8月28日(水)


【期間変更】
2024年7月16日(火)~
2024年8月29日(木)
全国各地のテストセンター 受験日の翌日から5営業日以内
第2回 2024年11月28日(木)~
2025年1月9日(木)
2024年12月3日(火)~
2025年1月15日(水)
フィリピン・タイ・インドネシア
第3回 2025年1月23日(木)~
2025年3月4日(火)
2025年2月1日(土)~
2025年3月9日(日)

試験しけん区分くぶん

令和6年度の試験から、技能の選択はありません。
下記の試験区分から1つを選択して受験してください。

試験区分 機械金属加工区分
電気電子機器組立て区分
金属表面処理区分

サンプル問題もんだい試験しけん区分くぶんごとにふくまれる技能ぎのう

機械金属加工区分 電気電子機器組立て区分 金属表面処理区分
サンプル問題 学科・実技サンプル問題 学科・実技サンプル問題 学科・実技サンプル問題
含まれる技能 鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、仕上げ、プラスチック成形、機械検査、機械保全、電気機器組立て、塗装、溶接、工業包装 機械加工、仕上げ、プラスチック成形、プリント配線板製造、電子機器組立て、電気機器組立て、機械検査、機械保全、工業包装 めっき、アルミニウム陽極酸化処理
  • 実際の試験はコンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式で実施されるため、問題の体裁等が一部異なります。